FC2ブログ

ヒートショック(寒暖差による危険)対策

今日もご訪問いただき有難う御座います。
 
 入浴時の脱衣所と浴室との温度差や、湯船に浸かることによる急激な負担増加によるトラブルをヒートショックと言います。
この時期、入浴前後のヒートショックで、脳梗塞や脳内出血あるいは心筋梗塞の引き金に !!
貧血やめまいや立ち眩みで、転倒が起こしやすくなります。
意外なことでは、過去には浴槽内で溺れる事故もありましたね。
 
 自分は大丈夫と皆さん思っておられていたら、斯様な事故は起こりませんが、毎年のようにおきています。
新しいマンションや新しい一戸建てでは、脱衣所や浴槽に暖房設備が付いているのが多くなりました。
いや、新しい所はまず暖房なんか使わずとも寒くありません・・・・・実に羨ましい限りです。
イメージ 1
 ここのところ、急に気温も下がって寒くなりました。
我が家は古いマンションで、脱衣所も浴室も実に寒い・・・・()
依って、我が家の入浴時のヒートショック対策です。
 
まず、入浴の10分前には脱衣所のストーブを入れておきます。
衣類を脱ぐ前に浴槽の蓋を取って、シャワーのお湯を浴槽内へ。
その時、シャワーの給湯温度はお風呂温度より最低でも1℃高くしておきます。
シャワーのお湯が浴槽に入るまでの瞬間に、浴室内の低い空気で冷やされますから。
要は、浴室内の空気はシャワーのお湯で逆に温められます。
衣類を脱いでいる間に、浴室内は湯気がもうもうとなって湿度が上がるので空気がより暖かく感じます。
 
 浴槽に浸かった時、お湯が溢れない程度までシャワーのお湯を浴槽に入れますが、シャワー開始のタイミングは経験で決めるしかありません。
最初に浴槽に浸かった時は、浴槽から溢れんばかりの湯量を堪能しまょう()
 
我が家は、体を洗う時のお湯はシャワーやお湯の栓からではなく、、手桶を使って浴槽のお湯を使います。
洗った後の掛け流しも、手桶で浴槽のお湯をくみ出します。
(最後に浴室から出る時のみ、シャワーのお湯を掛け流しますが・・・・。)
 
普通なら、浴槽のお湯をくみ出しと、湯面が下がって自動的に給湯されますが、最初にシャワーのお湯を湯船に入れた分・・・・・・、丁度良い湯面高さになっています !!
詰り、最初にシャワーのお湯を浴槽に入れたのも無駄にしていないことに()

 浴室から出て脱衣所に移っても、脱衣所が狭いのでストーブは最低設定でも全く寒く感じることなく暖かくて助かります・・・・・・負け惜しみ(笑)。
 
では今日も一日楽しく過しましょう !!
最後までご精読頂き感謝です。
スポンサーサイト



コメント

コメント(5)
No title
おはようございます。
やっと冬らしくなって来ました。
ヒートショック…気をつけないといけませんね。
ウチも寒いです。
いろいろ家事を終えて、2階の陽当たりの良い部屋で本を読む…最高の時です。(笑)

希望

2016/01/14 07:18 URL 編集返信
No title
♪ 希望さま ♪

最高気温も10℃を切るようになりまさに冬になりまた。
お昼の日当りの暖かさが脱衣所と浴室に持ち込めたらベストですが(笑)。
いや、次の時代にはそれも夢ではないかも。
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2016/01/14 07:30 URL 編集返信
No title
♪ 内緒コメさま ♪

この時期、お風呂での事故が多くなりますね。
浴室に暖房のあるのに憧れますよ、いいな !!
脱衣所も暖房器具を置かないと、浴室から出た時が危ないですね。
この時期、暖房器具も安くなっているかも。
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2016/01/14 10:07 URL 編集返信
No title
私のおばあさんもお風呂に入っていて、倒れてお湯を飲んでしまい亡くなりました。気をつけなくてはいけませんね。

みゆ

2016/01/15 21:11 URL 編集返信
No title
♪ みゆさま ♪

みゆさまはまだお若いから心配はないと思いますが、矢張り気を付けていた方が良いでしょうね。
特にこの時期が一番多いようです。
尚、20から30代の女性も意外と多いのですよ。
ダイエットの為でしょうね、栄養不足が多い。
特に鉄分不足のようです。
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2016/01/15 21:33 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -