FC2ブログ

帰省2日目(4/1、土)

今日も、ご訪問いただき有難う御座います。
 
 この日()は、私の次男が土日を利用して家内の母親の白寿の祝い(翌4/2)に駆けつけてきました。
ホテルで朝食の後に再び福岡空港へ出迎えに。
 
 昔から出張などで何度も福岡空港は利用していますが、車で出迎えるのは初めての事。
空港内の駐車場は既に一杯でその入口には長蛇の車列・・・・・取り付け道路まで一杯になっています。
やむ得ず家内とボクちゃんを一般車の送迎専用か所(待機駐車禁止)で降ろして、同じところをグルグル回っていました()
 
 無事に合流して一路「柳川」へ。
空港から約70km当然一部高速を使いましたが、予定以上に時間を要しました。
柳川は水郷の街で、ノンビリ川下りを楽しむことに。
北原白秋の故郷としても有名です。
 
 川下りと言っても山間の渓流下りではなく、街中をユックリ流れる川をノンビリと小一時間舟に身を任せます。
川下りのHPの写真がこちら。
イメージ 1
 
スタートの乗り場はこちら右側です。
イメージ 2
 
「船」でなく「舟」ですね・・・・波もないので揺れることもなくこんな椅子で安全です。
イメージ 3
 
斯様に狭い水路を通って出てきたところ。
イメージ 4
 
柳川は「つるし雛」も有名で、お雛さま以外の「さげもん」も多く飾っています。
イメージ 5
川沿いのお家によってはこのように「見て下さ~い !!」とばかりに !!
 
こちらは雛飾りを !!
イメージ 6
 雨が降ったら取り込むのでしょうね。

川の流れのように、実にノンビリと心も休まる気分です。
この風景が「柳川」の地名になったのでしょうか(笑)。
イメージ 7
この舟の船首側の方々は、ハングル文字を使う方々のグループです。
自撮り棒でまあ何度も~何度も撮る~撮る。
景観が大きく変わらなくも、それはそれは撮る~撮る。
この自撮り棒をお持ちの方は、いい歳こいた男性(60近い)なんですけどね()
 
自撮り棒のないご婦人は手に持ったまま自撮り~自撮り。
自撮り棒がないとバックの景観の様子なんか良く判らないだろうな !!
それなのに何であんなに頻繁に撮るのでしょう。
 船尾側の日本人は、誰一人自撮りする方は皆無ですよ・・・。

私の向かいの若い男女(日本人)のお二人は、一度も自撮りをされないので、
お節介ながら、私が彼女のスマホでお二人を撮ってあげたほど()
 
川沿いの各ご家庭の敷地からは川辺に下りる階段が今でも残っています。
マイカーのない時代は、皆さん舟を使われていたのですね。
各ご家庭の庭木まで、川遊びの方々の為にあるのです。
イメージ 8
1軒のみでしたが、樹脂製ボートをお持ちの家庭がありました。
 
途中、川下り客相手の水上店がありました・・・・・。
イメージ 9
家内とボクちゃんと、他1名がカップアイスをご購入。
少ない量なのに・・・@300円?
余りにもボッタクリ過ぎでないかい !!
 
こんなに低い橋げたも潜ります。
イメージ 10
橋の下にロープが川と平行に張ってあるところがありました。
それはいずれも橋幅の広いところ・・・・・、
橋の下では船頭さんは竿で操れないので、ロープを手繰り寄せて舟を操るための物。
 
まだまだ川下りは続きますが、略1時間を要します。
イメージ 11
こんな川下りと同じように、これからスローライフで行きたいが無理でしょうね(爆)。
 
川下りが終わった頃に雨~雨 !!
イメージ 12
舟に乗った所まで無料で乗れるマイクロバスが循環しています。
うなぎ六騎の店先でバスを待ちます。
 
この日は車で北九州小倉まで走ります。
が、一旦「大宰府天満宮」まで戻ってお参りです。
参道のお店で「梅ヶ枝餅」を買う予定でしたが、
既に日も落ちて全てのお店は閉店()
何たって薄暗く、撮った写真もいまいちで、こちらの写真はお借りしました。
イメージ 13
 
飛び梅は少し芽吹いていただけでした。
一番上の孫が高3です。
来春は受験ですから合格祈願をお願いしたかったが、
祈願受付の社務所も既に閉まっており・・・・・お札の購入のみに。
 
大宰府を出たのは既に7時 !!
北九州の小倉のホテルに入ったのは夜の8時半を過ぎていました。
この日も疲れた一日になりました()
 
夕食はボクちゃんの希望で焼き肉へ。
イメージ 14
この歳ですからね、量よりも美味しいお肉を !!
 
では今日も一日楽しく過しましょう !!
最後までご精読頂き感謝です。
スポンサーサイト



コメント

コメント(16)
No title
おはようございます。
のんびり船遊び、新芽の柳の緑と桜の
花色、いいですね。
いつも、やまちゃん大活躍
ご苦労様でした。

文ちゃん

2017/04/09 06:15 URL 編集返信
No title
おはようございます やまちゃん

県内に住んでいながら、柳川の川下り乗ったことないんですよ。
うなぎを食べに行くくらい。
舟に乗ったら、ゆったりとした気分を味わえるんでしょうね。
ボクちゃんは喜んでくれたでしょうか?

隣国の方々は、ほんと写真を撮るのが好きですね。
周りの動き何てお構いなしで、気を遣って立ち止まったりよけたりするのは日本人。
ひと昔前の日本人も海外ではこんな感じだったんでしょうね。

太宰府残念でしたね。
参道のお店は夕方5時には閉めてしまいます。
観光スポットは、もう少し長く営業してもらいたいですよね。

この日、ボクちゃんが一番喜んだのは焼肉だったりして(笑)。

ヤスミン

2017/04/09 08:17 URL 編集返信
No title
懐かしい~~。船遊び。と言っても柳川ではありませんが。婆は松江城のお堀を巡りました。
やはり橋の下をくぐるときは身をかがめて(笑)太宰府天満宮の時は
やたら暑かった記憶が。婆もやまちゃんのブログを読みながら当時の記憶が蘇ってきました。
でもご家族で楽しい一時でしたね羨ましい~~~です。やまちゃんお疲れ様!!!

cosmos1019jp

2017/04/09 08:20 URL 編集返信
No title
おはようございます。
お忙しい中にもゆったりの時も過ごせて良かったですね。
“雛飾り”は季節に関係なくいつでも飾られているのでしょうね。
渓流でのライン下りをいつか体験してみたいと思っています。(笑)

希望

2017/04/09 08:30 URL 編集返信
No title
1時間、しかものんびりの川下りは十二分に舟遊びが堪能できますね!
水上店、高いでしょうが、覗いてみたい好奇心は大ですね!(笑)

クララ

2017/04/09 12:49 URL 編集返信
No title
川下り、ゆったりとした時間を過ごせそうですね。
これこそ日本のベネチアですか?!

まったくもう、すみませんねえ、
自撮りが好きで。きっと自国に持って帰って見せびらかすのですよ。
スマホの待ち受けにしたりして(笑)

バンポマダム

2017/04/09 14:42 URL 編集返信
No title
♪ 文ちゃんさま ♪

地名の「柳川」って、この景色から付けたのでしょうかね(笑)。
柳の新緑とピンクの桜が実に合います、彩度がほぼ同じ感じだからでしょうか。
これだけ活躍して感謝の一言ももらえません(爆)。
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2017/04/09 23:20 URL 編集返信
No title
♪ ヤスミンさま ♪

地元の人は以外とそんなものかも知れませんね。
私もディズニーランドには行かなかったが、中国でお世話になった通訳が2007年に来日して連れてってと言われて初めて行きました(笑)。
そんなチャンスがなかったら今だ行っていないかも(笑)。
この日のお昼はもちろん、「うなぎ」でした。
自撮りばりしているのを見ると、ホントこちらのほうが恥ずかしくなります。
海外旅行のはしりは、農協さんが同じようにカメラでアチコチばちぱち撮っていたのでしようね。
北九州に在住時には、大宰府には何度も行きましたが、孫の合格祈願の出来なかったのが悔やまれます。
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2017/04/09 23:22 URL 編集返信
No title
♪ cosmos1019jpさま ♪

柳川は良かったですね。
ただ、船首側の方々のお話しが時として耳障りでしたが。
ウナギも食べましたが、少しケチったのを後悔(爆)。
柳川と大宰府と欲張ったのはミスりました。
次からの参考にしましょう。
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2017/04/09 23:24 URL 編集返信
No title
♪ 希望さま ♪

ブログでは省略しましたが、柳川地方に古くから伝わる「さげもん」と言うお雛様と一緒に、天井から部屋いっぱいにさげられる、たくさんの色鮮やかな鞠や人形といった飾り付けがあります。
その中に「つるし雛」がありますが、もちろん「雛飾り」も有名で、街中にはあちこち飾られているようです。
「さげもんめぐり」のお祭り期間中、雛壇とともに「さげもん」が所狭しとさげられます。
初節句を迎える一般家庭や、北原白秋生家、商店街などにも、町をあげて盛大に展示されます。
特に柳川の雛祭りは、水郷ならではの「お雛様水上パレード」や「流しびな祭り」をともなう大イベントとなります。
ブログの中でも取り上げるべきでしたね。
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2017/04/09 23:24 URL 編集返信
No title
♪ クララさま ♪

1時間は丁度いい感じでした。
長すぎるとダレてくるし、短いと物足りない(笑)。
水上店はこの乗合の舟では舟の中から注文して購入のみ、店に上げることができません。
なぜなら乗合で基本的に所要時間が決められていますから・・・・・。
舟の客全員が同じグループなら、船頭と交渉で可能です。
飲み物ではビールなども買えますが、当然割高でしょうね(笑)。
次回、一時帰国された時に如何ですか?
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2017/04/09 23:26 URL 編集返信
No title
♪ バンポマダムさま ♪

「さげもんめぐり」のお祭り期間中もいいでしょうね。
やはり皆さん自国でも同じく自撮りですか?
見せびらかすにしても、待受けにするにしても、あんなに撮る必要があるのかな?
幾ら撮ってもお金は掛かりませんが(爆)。
もう、自己満足でしょうね。
日本人では「女子中」がお友達と一緒の時に、ワイワイと撮るのが流行っていましたが、近頃は「女子中」グループの自撮りも余り見掛けなくなりました。
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2017/04/09 23:28 URL 編集返信
No title
懐かしいです。
数年前にこの川下りしました。街に張り巡らされた水路がいいんですよねー。家の庭先が水路。私たちが行った時は結婚式場に向かうカップルがいましたよ。角隠し?綿帽子?姿のお嫁さんと袴のお婿さんが、唐傘さしてあの舟にのってました。故郷を離れ街で暮らす若者も、結婚式はこのスタイルでという人が多いのだそうな。
あと船頭さんが松岡修造の通った高校など案内してくれました。水路の石垣の隙間で蛇が日向ぼっこしてたり、のどかな春の一日でした。下船したあとはやはり鰻を食べました。あとは北原白秋の生家を見たり。
それにしてもそのあと太宰府天満宮とはすごいですね。私は翌日行きましたよ。その時のおみくじが大吉だったので気を良くしました。ちょうど前の職を辞めてお店を始める時でした。

inakanekonyan

2017/04/10 05:54 URL 編集返信
No title
♪ inakanekonyanさま ♪

いい時に行き会わされたものですね。
我々の時も石垣に「蛇」を見ることが出来ました・・・・川の主?
柳川まで行けば矢張りお昼は「鰻」ですね。、
柳川には有名な日本庭園もあるのですが、時間の都合でパス。
大宰府は、柳川~北九州へ向かう途中ですが、全日程が少ないこともあって無理してこの日になりました。
他にはない「梅ヶ枝餅」は食べましたかな。
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2017/04/10 08:38 URL 編集返信
No title
柳の新芽と桜が 美しいですね。
ここも中国からの観光客さんが 多いのですね。

大宰府と言えば さだまさしさんの歌が 思い浮かびます。

まーちゃん

2017/04/11 10:11 URL 編集返信
No title
♪ まーちゃん ♪

柳の新緑と桜のピンクが実にマッチした色合いでした。
中国と韓国の方が実に多く、日本人は約半数でしょうか。
舟の中のみならず、お土産屋でも圧倒されてしまいます。
大宰府の飛梅と言えば、矢張りさだまさしです(笑)。
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2017/04/11 12:40 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -