FC2ブログ

遅まきながら、サプリメントを申し込もうか

今日も、ご訪問いただき有難う御座います。
 
 毎日のようにテレビでは健康食品やサプリメントのCMの流れない日はありません。
「通常価格◎◎のところ、30分以内にお電話された方は大幅プライス !!
以前、テレビでは通常4千2百円を初回の方に限り千円と放送されていたのに、新聞の折込みには何と「無料」となっているではありませんか。
イメージ 1

ネットでググってみると、同じく一カ月分無料となっています。
イメージ 2
 
 タダなら申し込んでみるか・・・・・・・。
色々薬を服用していますからね、今の薬との相性に問題はないのかな?
副作用はどうでしょうね。
ちょっとググってみました。
 
う~ん、いくら無料とは言っても、申し込むのは矢張りやめておくか()
今以上に薬漬けになると、体の方も何が何だか判らなって薬漬け病になりそうです。
また一度申し込むと、電話が掛かってきて対応が大変になりそうだし()
 
 上記URLの一部を抜粋すると、
健康食品やサプリメントは、あくまでも健康な人が嗜好品や栄養補助食品として利用すべきものであり、疾病の予防や治療の効果を期待して用いるものではありません
健康への効用をしめす表現が認められているのも、通称「トクホ」といわれる「特定保健食品」(表示には消費庁への届け出と許可が必要)と、「機能性表示食品」(表示は消費庁への届け出のみ)などの一部の食品に限られています。
 にもかかわらず、テレビや雑誌、インターネット等で、個人の使用体験談などが掲載され、あたかも疾病の予防や治療に効果があるかのような宣伝が大々的に行われ販売されているところに問題があります。
 医薬品と違い、成分の含有量や品質に規制や基準はなく、中には無承認無許可の医薬品成分が含まれた製品や、アレルギーや肝障害をおこす成分が含まれた製品もあり健康被害もしばしば報告されていることに注意が必要です。
以降、省略 !!
 
 そうそう、リタイア直後の起床した時、膝に激痛があって歩行もままならない時に、何とか整形外科まで足を引きずって行きました。
大きな注射針でヒアルロンサンを膝に直接注射されましたが、これも一時的なものだと言うではありませんか。
その後、5週ほどヒアルロンサン注射の為に通院しました。
 
私がドクターに「こりゃー、ヒアルロンサンを飲んだ方がいいですかね?」とポロリと口にすると、ドクターから「ヒアルロンサンを飲んでも体に吸収されることなく尿から全て排出されてしまいますから、飲んでも意味がありませんよ !!」と言うではありませんか()
な・な・な・なんてこった !!
確かに服用して効果があるものなら、当然処方薬としてあるべきでドクターも処方箋を出してくれるでしょう。
 
 そんな飲むヒアルロンサンって、これまた毎日のようにテレビCMで流れています()
今や青汁にもヒアルロンサンが含まれていると大々的にPRしているではありませんか。

 飲んでも全く意味がないヒアルロンサンと知ってからは、「健康食品やサプリメント」に目を向けることはありません。
今回は無料ではありますが、今まで同様に無視することに(笑)。

でもこれらの「健康食品やサプリメント」が体に合って、効果が確実に現れた方はラッキーですね。
 
 それでは今日も一日楽しく過ごしましょう !!
最後までご精読頂き感謝です。
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
No title
前、知り合いが、グルコサミンは本当によく効くと言っていました。気持ちの問題なんでしょうかねえ。だったら、飲んだ気になるだけでも治りそうな気がしますが。

ちー

2019/07/22 08:53 URL 編集返信
No title
読む程に恐くなって来ました。
飲んで病気を作るっていうのも可笑しな話ですものねぇ😢

mer**sama

2019/07/22 21:15 URL 編集返信
No title
サプリメントは肝臓に負担がかかると聞いたのですが、それは本当なんでしょうかね。とにかく毎日飲むのは降圧剤だけでいいかなー。薬っぽい感じがダメなんです。ちなみに茶色い小瓶(ビタミン飲料とか栄養剤とか)もダメです。茶色い瓶で大丈夫なのはビールだけ!

inakanekonyan

2019/07/22 21:32 URL 編集返信
No title
♪ ちーさま ♪

膝の痛みに効くと言われるグルコサミンは、効果があったと言う話は耳にしたことがあります。
「グルコサミン、コンドロイチンが軟骨の成分であるのは事実ですが、糖やアミノ酸からできており、体内に入ると残念ながら分解されて、吸収されることなく体外へ排出されるのです。
依って、経口摂取しても軟骨は再生されないようです。
ヒアルロンサンに同じですね
米国での臨床試験で有効性が一度示唆されましたが、販売業者がスポンサーになっていることから信ぴょう性が疑問視され、承認されずにその後の臨床試験の計画もない事実。
国内で2年間の臨床試験を行ったが、服用者と非服用者の間で差がでなかったようです。
でも服用して効果があった方は実にラッキーですね。
服用した気になるだけで、治る薬・・・・・欲しい~欲しい(爆)。
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2019/07/22 22:14 URL 編集返信
No title
♪ mer**samaさま ♪

どれもこれもがアレルギーや肝障害をおこす成分が含まれている訳ではありません。
訳も判らないホンの一握りのメーカーは注意が必要かも。
知れ渡っているメーカーは大丈夫でしょう。
私も色々問題を抱えていて、一日に服用する薬は朝食後5錠、夕食後3錠、6種類。
薬は「毒」から発達したものですからね・・・・・(笑)。
薬には何がしかの不要な効能もありますから、余りにも沢山服用すればするほど複雑な効能になることも考えられますから、薬を服用して病気を作るとも言われます(爆)。
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2019/07/22 22:15 URL 編集返信
No title
♪ inakanekonyanさま ♪

所詮、薬は「毒」の作用を利用したものです。
沢山あるサプリメントの中には、肝障害をおこす成分が含まれたものもあるとは言われていますが、含有量は少ないようですが。
薬っぽい感じがダメなら、漢方薬は無理でしょうか(笑)。
中国に行っていた時は、漢方薬をよく頂いたものです。
トカゲ・虫・鹿の角・鹿のペニス・・・・・全て原形をとどめた乾燥物ですが。
これらはいいお値段するものばかり、使わずに持ち帰り焼酎漬にされる先輩にプレゼント(爆)。
コメント有難う御座いました。

やまちゃん

2019/07/22 22:15 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -